IT ITパスポート

クレアールのITパスポート講座が開講!評判はどうなの?

公認会計士試験にて7ヶ月合格者を輩出し、その学習法である「非常識合格法」が有名であるクレアール。

そんなクレアールから2021年7月7日にITパスポート講座の新規開講が発表されました。

今回はクレアールのメリット・デメリットをご紹介しながら講座の評判や講座費用の他社比較などについて解説していきます。

本記事の内容

  • クレアールの概要
  • クレアールのメリットとデメリット
  • ITパスポート講座の内容と評判
  • ITパスポート講座費用の他社比較
  • どんな人におすすめなのか?

クレアールの概要

基本情報

  • 運営会社:株式会社クレアール
  • 創業:1998年4月27日
  • 講座数:14講座(2021年7月時点)

沿革

  • 1962年:企業経営者養成専門機関「経営指導協会」創立
  • 1969年:「東京商科学院」に名称変更、税理士・公認会計士・日商簿記検定の受験指導を開設
  • 1998年:合理的な学習法「非常識合格法」を確立、資格教育に展開すべく「クレアールアカデミー」を設立
  • 2001年:社名を「株式会社クレアール」に改称、公認会計士試験にて非常識合格法で7ヶ月合格者を輩出
  • 2011年:教育サービスを通信講座へ積極的に一本化

クレアールの前身である経営指導協会が1962年に設立してから50年以上の歴史があり、資格講座業界の中では非常に長い歴史があります。

1998年に大学生・社会人向けの学習法として「非常識学習法」が確立されてから公認会計士試験講座だけでなく、簿記講座・中小企業診断士講座・税理士講座などに展開され、無駄なく短期間で確実に合格するということを追求した講座設計になっています。

もちろん、今回新規開講したITパスポート講座にも「非常識合格法」をベースにした考え方でカリキュラム構成されており、「最小の労力で短期間で合格する」学習指導になっています。

ITパスポート講座の内容

コース名 ITパスポート 試験合格コース Web通信
価格 9,800円(税込)
講義内容 基本講義 約30分 63単元
基本問題集解説講義 約5分 63単元
総合テスト解説講義 約60分 3回
教材内容 テキスト 1冊 3色刷り
オリジナル問題集 1冊
過去問題集 1冊(4回分)
総合問題編 1冊(3回分)
総合テスト解答解説編 1冊(3回分)
直前重要用語集 1冊
受講ガイド 1冊
受講期限 申込月から1年間

クレアールのITパスポート講座は2021年7月7日に新規開講し、講義動画・教材費・質問回数無制限のフォロー体制込みで9,800円(税込)という他社と比較しても充実した内容でリリースされました。

資格指導に関する長年の合格ノウハウが資格講座に詰め込まれているため講義や教材の品質は高く、かつクレアールの強みである万全のフォロー体制が合わさったカリキュラムとなっています。

教材は全て製本教材で提供されますが、WebからでもPDF版でダウンロードすることができ、オリジナル問題集・過去問題集・総合テストについてもWebテスト版が提供されています。

テキストの各単元のページには講義動画へのQRコードがついており、分からない内容があった場合はすぐに確認することができます。

クレアールのメリット

  • 非常識合格法で短期合格
  • 万全のフォロー体制
  • 問題集の講義も付いている

非常識合格法で短期合格

短期間で確実に合格!

クレアールの講座は全て「非常識合格法」をベースにした講座設計になっており、無駄なく短期間で確実に合格することを第一目標にしています。

合格するために必要な分野・項目のみを学習し、短期間で反復することによって最短距離で合格を掴み取ることを目標としており、効率よく勉強できるカリキュラムになっています。

他の大手資格学校に比べても教材は薄く、講義動画も1単元平均約30分で製作されており、スキマ時間なども活用できるように作られています。

再生速度も2倍速まで上げることができるため、復習でもう一度見返したい時に効率よく確認することができます。

仕事で忙しい社会人や授業と並行して勉強しなければならない学生などには心強い味方となってくれるでしょう。

万全のフォロー体制

質問回数無制限でフォロー

クレアールでは質問回数無制限という万全のフォロー体制を用意しており、通信講座の中でも随一のサポート体制が用意されています。

STUDYingやフォーサイトなどの有名通信講座は質問窓口を設けていなかったり、質問回数に制限がある場合がほとんどです。

現在は通信講座に一本化されていますが、以前は校舎を構えて教室講義を行なっていたため、熟練講師が多いクレアールならではのフォロー体制であるとも言えるのではないでしょうか。

IT系の資格の勉強が始めての方はアルファベットの用語や見慣れない単位の計算などに困惑することが多いため、初学者の方は積極的に活用すべきでしょう。

問題集の講義も付いている

問題集もしっかり解説

クレアールのITパスポート講座には基本講義の他に問題集の解説講義がついています。

ITパスポートの試験範囲には膨大なIT用語が出題されるため、IT系の資格試験に慣れていない初学者の方にはハードルが高く感じてしまうでしょう。

中には勉強のモチベーションが損なわれ、挫折してしまう要因になってしまう方も少なくありません。

問題集まで解説動画がある講座は資格の大原などの大手資格学校を含めても少なく、受講生のことをしっかり考えて講座が作られていることが感じ取れます。

クレアールのデメリット

  • 開講してから日が浅い
  • 試験範囲を網羅していない

開講してから日が浅い

ITパスポート講座は2021年7月7日に開講しました。

この記事の執筆時点ではまだ開講してから日が浅く、評判や口コミなどの情報が少ない状況です。

カリキュラムの内容やフォロー体制、講座料金を比べてもクレアールのITパスポート講座は群を抜いていますが、自分に合った講座でなければ継続的に勉強し続けることができません。

クレアールのITパスポート講座に関する評判や口コミをしっかり確認してから受講したいという方はもう少し時間を置くか、他社の講座を検討するようにしましょう。

参考各講座の特徴を解説!ITパスポートおすすめ講座6選

ITパスポートとは情報処理技術者試験のレベル1に位置する資格であり、国家試験です。 難易度もIT初心者向けとなっており、IT系の資格を取りたい方はまずここから勉強する人も多いでしょう。 今回はそんなI ...

続きを見る

試験範囲を網羅していない

クレアールは合格に必要な範囲のみを学習し、短期間で合格を掴み取る学習法をベースにしているため、全ての試験範囲を網羅していません。

講座設計のベースとなっている「非常識合格法」では可能な限り無駄を削ぎ落とし、頻出論点や重要論点に絞って教材などが作成されています。

そのため、効率的に合格レベルに到達する反面、大手資格学校のように網羅的に学習できません。

出題率が低い項目が本試験に出題されると「あれ、この問題見たことがないな…」となる可能性があり、本試験で高得点を目指したいという方については網羅的に学習する講座を受講した方が良いでしょう。

ITパスポート講座の評判

クレアールのITパスポート講座は開講されてまだ日が浅いため、評判や口コミの情報がほとんどありませんでした。

そのため、今回はクレアールの他の講座に寄せられている評判や口コミなどをご紹介いたします。

評判や口コミは肯定的なものについては公式HPの合格者の声やSNSなどを参考に、否定的な評判についてはクチコミサイトやSNSの情報などを中心にご紹介いたします。

肯定的な評判

通信講座だけど電話で相談できるのが良かった

匿名

クレアールはテキストが多過ぎず、コスパが良いことから選びました。テキストが薄く、効率よく勉強できた点が自分にとって最適でした。

通信講座は一人での闘いになりやすいため不安でしたが、電話をすれば相談に乗ってもらえるため、勉強のモチベーションを保つことができました。

生の授業と遜色なく受けることができた

匿名

これまで映像授業を受けたことがなく、初めは、続けていけるのか、きちんと理解できるのか不安でした。しかし、実際授業を受けてみると生の授業と遜色なく、むしろ優れている点が多くあるなと感じました。

特に自由な時間に受講できる、早回しで見て時間を短縮できる、分からなかったところを繰り返して見られる、など映像授業特有の利点が多々あります。

働きながら公認会計士に合格

匿名

私は会社に勤めながら公認会計士講座を受講しています。その過程で簿記1級に合格しました。簿記1級は学習範囲も広く、最新の論点がタイムリーに出題されるなど独学での合格は大変難しい資格です。

単に問題を解くだけでなく、実務での経験を踏まえて具体的な話をしてくれるところがモチベーションになりました。

否定的な評判

講師によってムラがある

匿名

簿記2級講座を受講しましたが、科目によって先生が変わり、教え方の悪い先生に当たった。

講師がテキストの内容を読んでいる時によく噛んでいることが気になり、あまり講義内容が入ってこない。

自分でもう一度テキストを見返したりしました。

時々サーバーの調子が悪くなる

20代女性

クレアールの講義動画を見ている最中に時々サーバーの調子が悪いのかロード中になってしまう…

時間が経つと回復したりしますが、集中できないから後日また見直したりします。

解説を省きすぎでは…

匿名

クレアールの工業簿記については説明を省き過ぎている印象があります。

確かに途中計算が多いので時間がかかってしまうのはわかりますが、いちいち動画を止めて確認する方が時間のロスになってしまいます。

後でテキストを見直すとしっかり理解できますが、これなら独学の方がいいかも…

ITパスポート講座の価格比較

学校名(講座名) 価格(税込)
クレアール(ITパスポート試験合格コース) 9,800円
スタディング(ITパスポート合格コース) 7,920円
フォーサイト(ITパスポートスピード合格講座) 16,800円(送料別)
ユーキャン(ITパスポート講座) 26,000円
資格の大原(ITパスポート 総合本コース) 21,700円
TAC(ITパスポート本科生) 27,500円

※キャンペーンや価格改訂などにより変動する可能性があります。

クレアールのITパスポート講座の費用は通学講座・通信講座の中でもかなり安い部類に入ります。

有名資格講座の中で最も安い通信講座はスタディングであるため、コスパを優先する場合はそちらも合わせて検討するようにしましょう。

参考なんで人気なの?【スタディング・STUDYing】評判・レビュー・口コミから徹底検証

インターネットで資格講座を検索すると上位に表示されるスタディングという通信講座は今や様々なブログやメディアに取り上げられ受講者数も急速に増えています。 講座費用も格安であるため、社会人だけでなく学生の ...

続きを見る

通信講座は比較的費用が安いですが、質問窓口を設けていなかったり質問回数に制限があったりという講座が多いのが現状です。

そんな中で質問回数無制限のクレアールは異色のサポート体制であり、新しい分野の資格試験に挑戦する初学者の方におすすめです。

クレアールはこんな人におすすめ

  • 手厚いサポートが欲しい
  • 講座費用を安く抑えたい

手厚いサポートが欲しい

クレアールは通信講座の中でも珍しい質問回数無制限という万全なフォロー体制を用意しています。

資格の大原やTACなどの大手資格学校は講師が滞在する職員室が各校舎にあるため基本的にいつでも質問することができますが、講座費用が比較的高めに設定されています。

通信講座では価格を安く抑えるために質問窓口を設けていなかったり、何度も質問すると追加料金が必要になったりという講座が珍しくありません。

クレアールの質問回数無制限のフォロー内容は基本料金に含まれているため、初めてのITパスポート試験の勉強で分からないところがいっぱい出てきても安心して質問することができます。

講座費用を安く抑えたい

クレアールのITパスポート講座は他の通信講座と比較しても安く抑えられています。

クレアールが提唱する理想の合格として「最小の費用・最小の労力・短期間で合格」を掲げています。

以前は教室講義を中心に資格講座を展開していましたが、2011年より積極的に通信講座へ一本化し、教室運営に必要な設備関連費用や人件費を大幅に削減しました。

さらにテレビCMや新聞広告を出さず広告宣伝費を抑えているため、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

そのため、資格試験の勉強にあまりお金をかけられない学生や新社会人の方々におすすめの講座と言えるでしょう。

まとめ

今回はクレアールのITパスポート講座について解説しました。

まだ開講して間もない講座であるため評判や口コミが少ないですが、講義・教材・学習サポート・講座費用などを総合的に判断しても、他社に引けを取らない講座内容と言えるでしょう。

サンプル講義もあるので一度公式HPにて視聴してみてから決めるのも良いでしょう。

本記事のまとめ

  • 非常識合格法で短期合格することを目指すITパスポート講座
  • 質問回数無制限で万全のフォロー体制が魅力
  • 開講して間もないため評判などの情報が少ない
  • 受講する前にサンプル講義を見てみよう

皆様がITパスポートに合格することをお祈りします。

  • この記事を書いた人

シズ

簿記・会計×ITのお役立ち情報を配信します! 自分の経験や勉強してきた内容などをもとに更新しています 実績☆ 簿記×会計:日商簿記1級合格、大学対抗簿記大会で全国大会優勝 IT:応用情報技術者試験合格、IT簿記選手権大会FE部門で全国大会準優勝

-IT, ITパスポート

© 2024 シズの知識倉庫 Powered by AFFINGER5